ウーマン

引っ越し先のトラブル回避には鍵の交換を行おう

  1. ホーム
  2. 故障や破損の時に

故障や破損の時に

キー

建物の中には数多くのドアノブがあります。ドアノブは長い期間使用していく内に、外れたり内部が破損したりなどの問題が発生します。そんな時に自分で修理をすることも可能ですが、故障箇所の原因をはやく見つけて、故障にあったドアノブ修理の対応が必要になります。むやみに自分で直そうとせず業者に依頼することが一番の対処法です。
ドアノブのトラブルには、前兆があり、ネジの緩み等の問題であれば、自分でドアノブ修理が可能なケースもあります。しかし、表には見えない劣化もあるので、定期的なメンテナンスが必要あります。使えるからといって放置することはよくないので、違和感があればドアノブ修理業者に相談しましょう。ドアノブ修理、交換にかかる費用は、7,000~40,000円が相場です。修理、交換の際には、業者連絡して見積もりしてもらいましょう。ドアノブのデザインや種類は様々あります。その種類のなかでも、古い木造アパートに使われているインテグラル錠、室内の扉に多く使われている円筒錠、室内・室外問わず普及して簡単に開けることができるレバーハンドル錠などがあります。
ドアノブ修理、交換してから長く使う為にも、ドアノブを使う頻度や場所を考えることも大切になってきます。よく使うところには、強度のあるドアノブを、水回り付近であれば、錆に強いステンレス製のドアノブにするなどの工夫することで余計なドアノブ修理、交換を防ぐことができます。どのドアノブが合っているか業者と相談しましょう。