ウーマン

引っ越し先のトラブル回避には鍵の交換を行おう

  1. ホーム
  2. 泥棒

泥棒

複数のカギ

泥棒に一度ターゲットにされたら非常に危険です。「この家なら入れそう」と思われたら、毎日のように周辺を歩いて侵入のタイミングを見計らいます。いつどこで泥棒に見張られているか分かりません。最悪の事態になる前に、鍵修理などしてしっかりと防犯しておきましょう。家庭によっては、庭の鉢植えの下などに家の鍵を隠しているところがあります。子供に持たせたら失くしてしまうことからこのような方法をしているのですが、もしその隠してる場面を見られたらどうなるでしょうか。知らないまま帰宅して、泥棒と鉢合わせになったら恐ろしいことになりかねません。

こういった侵入を防ぐためには、暗証番号タイプの鍵を取り付ける手もあります。これなら家族間にしか知れ渡りませんし、入力するときに気を付ければいいのです。ドアノブに直接鍵を入れるタイプは、錠ごともぎ取られる可能性があります。泥棒は手段を選ばないので、やりすぎかと思うくらいの対策がちょうどいいかもしれません。錠とドアノブが分かれているタイプを取り付けて、簡単に開けられない玄関先にしましょう。何気なく使っている玄関の鍵ですが、いつ泥棒に開けられてもおかしくない状況だということを忘れないでください。このような危険性があるので、自分の身を守るためにも専門家に依頼して鍵を交換してもらうことが大切です。そうすることで、泥棒に入られる危険性を避けられます。